子がほしい男性は豆を食べるべし D-アスパラギン酸の効果

投稿日:

男性不妊の予防になるサプリメントというと、一般的に亜鉛がよく知られていますね。

しかし、効果があるのは亜鉛だけではありません。

 

D-アスパラギン酸をご存知でしょうか?

このD-アスパラギン酸、まだ調査が進められている最中ですが、欧米では男性機能をアップする栄養素として高い注目を集めています。日本でも時々、紹介されていますね。

 

D-アスパラギン酸と男性ホルモン テストステロンの関係

D-アスパラギン酸はアミノ酸の一種です。
主に睾丸、精巣、精母細胞の分泌腺に存在します。

そして、テストステロンの値に影響を及ぼすと考えられているのです。

 

テストステロンは男性ホルモンの代表ですね。骨や筋肉の強化や維持をはじめ、血液をつくる働き、動脈硬化の予防、メタボリックシンドロームの予防、さらには集中力や仕事への意欲を高めるといったはたらきがあります。

性ホルモンであるテストステロンは、一般的に加齢とともに減っていきます。しかし生活習慣の工夫などによって、高齢になっても高い値を維持できるケースもあるようです。

 

D-アスパラギン酸には、このテストステロンの値を上げる効果があると考えられています

 

3ヶ月間、2.66グラムのアスパラギン酸サプリメントを取ったあとの男性は、テストステロンが30-60%増加し、精子の数も60%から2倍増加し、妊娠件数も上がったという観察調査結果があります。

また3グラムのD-アスパラギン酸サプリを2週間とった結果、テストステロンの値が42%上昇したという報告もあります。

一方、不妊に悩む男性は健康な男性よりD-アスパラギン酸の値がかなり低いという調査結果もあります。

 

このD-アスパラギン酸、アスパラガスの芽の抽出物から発見されたということで、この名称となりました。
アミノ酸の中でも最初に発見されたものです。

 

それにしても、ただのアスパラギン酸ならともかく「D-」と頭につくって、ややこしいと思いませんか?

実はD-アスパラギン酸と似たものにL-アスパラギン酸があるのです
アミノ酸には、右手と左手の関係のように、鏡に映るように対称的な構造を持つものが多く、それぞれL体、D体とよばれます。
L体とD体はよく似ているものの、別のものなので注意が必要です。

 

D-アスパラギン酸を摂る方法

アスパラギン酸は食物では
魚介類や肉、枝豆、そらまめといった豆類、そして豆類の芽であるもやし類に多く含まれます。
実際は名前の由来であるアスパラガス以上に、豆類に多く含まれてるんですね。

 

また「わかさの秘密 アスパラギン」のページには、このような記述もあります。

直接紫外線が当たる顔と当たらない腹部や胸部の皮膚では、顔の方が多くのD-アスパラギンが存在することも明らかになりました。
このことは、紫外線の照射がたんぱく質の中でのD-アスパラギンの生成を促進する可能性を示唆しています。

紫外線・・・つまり太陽の光も大事・・・興味深いですね。

 

 

https://www.healthline.com/nutrition/boost-male-fertility-sperm-count
http://www.scirp.org/journal/PaperInformation.aspx?paperID=24016
http://d.hatena.ne.jp/kuiiji_harris/20130806/1375750050

妊娠する方法 男性不妊

Copyright© アメリカamazon 海外製品のレビュー 健康情報 さりあん , 2016 All Rights Reserved.