効果が激減?!劣化に注意? ローヤルゼリーと付き合うコツ

投稿日:

一般的に体によいとされるローヤルゼリー。さまざまな商品が普及していますね。 しかし、保存方法をまちがえたり、あまり知識のないまま買ってしまうと、期待はずれの結果にもなりかねません。 ローヤルゼリーを手にするとき、どのようなポイントに注意したらよいのでしょう?  

フリーズドライとフレッシュ、どちらがいい?

フリーズドライの商品は室温保存ができ、持ち運びも簡単ですね。 フレッシュ(生)タイプのローヤルゼリーは温度や光によって変質しやすいので、管理に注意が必要です 便利さでいえば圧倒的にフリーズドライですが、栄養価のほうはどうなのでしょうか? アメリカのサイトを調べると、ローヤルゼリーはフリーズドライ化されると10-HDAなど含まれる重要な滋養が減少するとする意見があります。しかし、その一方でほとんど変わらないとする意見もあり、はっきりしません。 ただ、ローヤルゼリーは体によいという研究報告の殆どは、新鮮なローヤルゼリーでおこなった検査によるものです。 欧米では生ローヤルゼリーの人気とフリーズドライ、サプリメントタイプの人気は拮抗しているようです、。 中華圏ではフレッシュ(生)で、もしくはソフトカプセルで摂るのが一般的です。  

フレッシュ ローヤルゼリーの保存方法

効果が確実なものの、なまものでもあるフレッシュタイプ。保存方法のポイントはどこでしょう?
ローヤルゼリーは熱に弱い
生タイプのローヤルゼリーは常温で3日もおいておくと明らかに品質が下がります。 また130度以上の熱を与えても、効果を失います。 しかし-2度の冷温下では一年間の保存が可能とされています。-18度以下なら3年間保存することもできます。
ローヤルゼリーは光に弱い
光もまたローヤルゼリーの品質を劣化させます。含まれる栄養素の減少も報告されています。 光の当たらない暗い場所に保存しましょう  

品質を見分ける裏技

ローヤルゼリーは世界的に幅広く売られています。消費者のほうも品質チェックのコツをもっています。 あまり日本では知られてない、そのコツとは?
イソジンを使って品質チェック
デンプンを多く混ぜたりして量をふやしている商品があります。少量のローヤルゼリーを取り分けて、その上にイソジンやヨードチンキなど、ヨウ素を含んだ薬剤を数滴たらしてみましょう。デンプンが多い商品の場合、たらした部分が青紫色に変色します。  
重曹を使って品質チェック
ローヤルゼリーを少しとりわけ、重曹などの炭酸ソーダ少量とまぜて常温に置いておきます。 もし浮遊物が全部溶けて、透明感のある薄黄色の状態になっていたら、それは純粋なローヤルゼリーです。 もし濁って溶けていなかったら、不純物が混じっていることをあらわしています。   まるで化学実験のようなチェック方法ですね。ローヤルゼリーにかぎらず、いろいろな商品にも応用できそうです。

サプリメントくわしく 健康情報

Copyright© アメリカamazon 海外製品のレビュー 健康情報 さりあん , 2016 All Rights Reserved.