砂糖が男性不妊を引き起こす?3つの理由

投稿日:

日本では、あまり知られていませんが、砂糖も男性不妊を引き起こす食べ物とされています。 砂糖を使った食べ物はおいしいものがいっぱいなのに・・・不安になりますね。 しかし海外ではよく取り沙汰されている問題です。     なぜ砂糖のとりすぎが男性不妊を引き起こすと考えられているのでしょう?  

ホルモンが正しく分泌されなくなる

砂糖が体内にとりいれられると、インシュリンの分泌とその結果としての急激な血糖値の降下がおこります。 体は下がってしまった血糖値をあげようと、アドレナリンとコルチゾールを分泌し、副腎に負担をかけます。 負担が積み重なり副腎が正しく機能しなくなると、テストステロンのよな男性ホルモンにも、エストロゲンのような女性ホルモンも適切な量が分泌されなくなってしまいます。  

免疫力を弱めて精子の損傷を増やす

免疫系は血中のブドウ糖の量に左右されます。血糖値が高いと抵抗力が衰え、体はダメージを受けやすくなります。 精子は体内で作られ、成熟するのに三ヶ月かかります。その間に免疫系が衰えると精子も損傷をうけやすくなります。  

男性不妊の大敵 糖尿病の原因になる

血中にある糖をエネルギーにするには膵臓から分泌されるインシュリンが欠かせません。 砂糖の多い食べ物を食べると、膵臓は多くのインシュリンを分泌することを求められ、インシュリン抵抗性を引き起こすことがあります。 インスリン抵抗性がおこると、インスリンが分泌されても組織が血流のブドウ糖を取り込まず、血糖値が下がらないのです。これによって糖尿病がひきおこされます。 糖尿病が男性不妊の大敵であることは、しばしばリサーチが行われ、知られていることです。 イギリス クィーンズ大学の研究によると糖尿病患者の精子の半数以上に、受精を難しくしたり、子供に遺伝的な問題を与えかねないDNAが含まれていたそうです。 2008年のポルトガルの研究でも、糖尿病患者の精子は損傷が激しいという結果がでています。 2009年のカタールの研究では、糖尿病患者の25%、つまり四人に一人に不妊症が認められたとされています。 また2013年のインドの研究でも、糖尿病患者の精子の数は健康な人の半分以下だとされています。    

砂糖との上手なつきあい方

砂糖入りの食べ物、とてもおいしいですけど、節度をもって摂取しないと大変なことになるんですね。 砂糖と上手く付き合っていくには、どうしたらよいでしょう? イギリスのサイト ネットドクターでは、専門家のアドバイスとして以下の3つを挙げています。

・少量ずつ、何度も回数をわけて食べること ・毎食ごとにプロティンを少しとること ・精製された砂糖を避けること

  日本でもよく言われますが、ドカ食いは危険なんですね。 プロティン=タンパク質なら、食事からもとれますね。 加えて今は各社から気軽で使いやすいいろいろなタイプのプロティン商品がでているので、おやつの時も便利です。 特におすすめなのが明治が出しているサバスです。 サバスは海外でもその品質が認められている人気のブランドです。欧米はもちろんアジアの消費者からも人気があります。明治すご~い。   http://www.netdoctor.co.uk/healthy-eating/news/a26215/sugars-scary-effect-on-your-fertility/ http://www.sciencemag.org/news/2007/05/sugar-and-sperm-dont-mix http://human-fertility.com/what-are-the-effects-of-sugar-on-male-fertility/ http://healthyeating.sfgate.com/high-sugar-men-sperm-count-9825.html https://www.besthealthnutritionals.com/blog/2013/01/24/saturated-fats-lead-to-fertility-problems/

妊娠する方法

Copyright© アメリカamazon 海外製品のレビュー 健康情報 さりあん , 2016 All Rights Reserved.